2017年06月07日

断酒31日目 不眠症の初診へ行ってきました

断酒31日目です。

最後にお酒を飲んだのが、5月7日日曜日でした。
「連休お疲れさま!」と理由を付けて、翌日の仕事のことも考えず、夕方4時頃から飲み始めました。
休み明けの仕事は、足のむくみや末梢神経の痛み、そして全身のダルさからスタートし、お酒を止める決意をしました。
飲酒欲求が時々沸き起こりますが、なんとかここまでガマンできてきたのも、家族と周辺の方々の理解があってこそだと思います。

今日は、年休を取って「長野県立こころの医療センター駒ヶ根」へ、不眠症の初診へ行ってきました。
とてもキレイな病院で、受付から看護師、医師の方もとても丁寧で、初めての精神科でしたが安心して受診ができました。
医師の問診は約30分あり、その後、診断と今後の方針と薬についての説明を受けて終了となりました。
医師の見立ては「抑うつ」。
自分はうつを代表とする精神系の病気とは無縁だと思っていたのですが、不眠(睡眠障害)の大きな原因となるそうで、気持を上向きにし熟睡できる薬と、寝付きを強力に良くする薬が処方され、とりあえず2週間様子をみることになりました。
また、飲酒についての話もあり、ブラックアウトしたりストレスがある時の深酒など、アルコール依存症と診断されてもおかしくない酒の飲み方だったようで、30日間の断酒を伝えたところ今後も継続するように言われました。

今後、定期的に通院しながら、薬の力も借りて精神状態から改善し、良くなってきたら減薬〜断薬へとのことでした。
再診は午後のみなので、夜勤の時には行けず、昼勤の時に早退か半日年休で受診することになりますが、職場の上司に明日話をして理解を得たいと思います。

今夜から服薬して寝ることとなりますが、自分に合う薬だといいのですが。

明日も「一日断酒」です。
明日で、断酒開始から丸一ヶ月となります、
posted by ソニック at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 断酒日記