2019年03月15日

リフレックスとミルタザピン

先発薬 リフレックス
ジェネリック(一般名) ミルタザピン

リフレックスを2年近く服用しており、昨年の12月にジェネリック(杏林)が発売となったので切り替えました。
しかし、ジェネリックの服用2ヶ月が経った頃から調子が悪くなり、医師に相談して先発薬へ戻してみたら、翌日からものすごい眠気が発現しました。
薬剤師さんの話では、基本的には先発薬もジェネリックも効き目に大差はないとのことでしたが、先発薬に戻してからの眠気は効き目に差がある証ではないかと思います。

眠気は3日程で軽くなりましたが、調子はあまり戻ってません。
posted by ソニック at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2019年02月04日

高校生の居場所

伊那が地元ではないのに、伊那のために民間の力で奔走する、八木択真さんのブログより。
高校生の居場所作りに知恵を

これ読んでいて、諏訪に住んでいた時のことを思い出しました。

諏訪にはケーブルテレビのLCVが運営するコミュニティーFM「LCVエフエム」があります。
このコミュニティーFMが立ち上がるきっかけとなったのは、平成18年7月の豪雨災害でした。
コミュニティーFMが立ち上がる前は、ケーブルテレビ回線にFM波を乗せてLCVは独自放送も行っていました。
この独自放送の中に高校生がオリジナルの番組を作るコーナーがあって、バンド演奏したり朗読を披露したり、はたまた数人のパーソナリティで番組風にしたりと、ケーブルテレビだからできるおおらかで自由なものでした。
その後前述の通り、コミュニティーFMが立ち上がりましたが、高校生のコーナーがまだあるかは不明です。
この高校生のコーナーに、伊那地区での高校生の居場所作りのヒントを感じたのです。

上伊那群内にはコミュニティーFMがないので、伊那市駅近くの通り町の空き店舗にスタジオを構えて、コミュニティーFMを立ち上げ、毎日高校生が独自の番組を作るコーナーを設けてはどうかと思いました。
スタジオは通り町から見えるガラス張りのオープンスタジオで、高校生などが勉強したりおしゃべりしたりできるフリースペースを併設するのです。
通り町へ高校生を呼び込むことで賑わいを取り戻し、その高校生たちの中から将来、空き店舗で何かしらかの起業をしてくれる人材も出てくるのではないかと思います。

電波行政は、様々な規制や利権が絡み一筋縄では行かないところもあるのですが、伊那ケーブルテレビさんあたりに協力をお願いしたらいいと思います。
他には開局資金がかなり莫大になる点です。
送信所を既存の地デジ中継局のある場所に設けて、上伊那群内をサービスエリアにすれば、それなりの広告収入も得られるでしょうし、いつか起こるであろう東南海地震などの大規模災害時に備える意味でも、行政の協力も得られると思います。

実現してみたいです。
posted by ソニック at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2019年02月03日

伊那市長へ

私の住む長野県伊那市の白鳥孝市長はパフォーマンスが上手(大好き)である。
民間出身であるからなのか、最先端の技術や流行に敏感で、行政出身者にはない独特の感覚をお持ちだ。
しかし、そのパフォーマンスが今ひとつ効果に結び付かないし、その後も継続されないことも多く、やや税金の無駄遣い感もある。

その市長の能力、伊那市の中心市街地活性化に活かせないだろうか。
国や県から予算やイベントを引っぱって来る能力をお持ちなので、その能力で中心市街地活性化の予算やイベントを引っぱって来て欲しい。
買い物弱者向けのドローンによる食料の配達実験や、自動運転によるバスの運行実験よりも、市街地活性化の方が効果が目に見えるし、より市民生活に近いと思う。

民間による市街地活性化が進みつつある中で、その流れに予算支援で行政も乗っかってみてはどうだろうか。
posted by ソニック at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2019年01月29日

働き方改革

安倍政権主導のもと、いわゆる「働き方改革」が大手を中心に導入が進んでいます。
私が契約社員として勤める会社は、東証一部上場の80年近く続く大手企業で、来年度から「働き方改革」の方針に沿った時間外労働の削減にまずは取り組むようです。
正社員の方は固定給である程度所得が保証されていますし、年2回のボーナスもかなりの金額が支給されますので、時間外労働が削減されてもやや所得は減るものの、大きな影響はないと思われます。
一方、時給で働いている私のような契約社員や派遣社員の方は、時間外労働を長時間やることでなんとか生活している状況なので、ここを抑えられるととても生活できなくなってしまいます。

非正規労働者にとっては「働き方改革」ではなく「働かせ方改革」ではないかと思います。
ますます生活が苦しくなっていきます。
posted by ソニック at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2019年01月22日

人手不足

世の中人手不足と言われてますが、私が契約社員として働く工場も、派遣会社からの人材が集まらず苦労しているようです。
ほぼ毎朝、決まったコンビニに寄るのですが、働いているのは私と同じ中年の方ばかりで、シフトが組めないのか時々、コンビニ本部の名札を付けた方が入っています。
また、通勤途中にある「すき家」は、月曜日の朝は営業していません。

一時期は有効求人倍率が1倍を切っていたのに、最近はなぜここまで人手不足な感じになってしまったのでしょうか。

しかし、人手不足ながら給料は上がりませんし、転職も厳しいのが現実。
これからますます少子高齢化が進んでいけば、働き手不足で75歳くらいまで現役というのが、そう遠くない時期にやってくると思います。
posted by ソニック at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2018年10月13日

レジ袋有料化

コンビニも含めて、レジ袋の全面有料化を環境省が中心になって推し進めようとしています。

ネット界隈ではさっそくざわついていて、ただでさえ多いコンビニ店員と客とのトラブルの種になるとか、レジ業務が一手間増えるなど懸念されることばかりです。

スーパーではかなりマイバックやマイレジかごを持参する人も増えて、レジには「袋いりません」の様な意思表示ができる札がおいてありますが、レジ袋完全有料化になったら、レジ袋を付けないことを当たり前にして、「レジ袋いります」の様な札を置いたらトラブルも少なくなるし、店員さんの負担も減るのではないかと思ったところです。

今はレジ袋がいらないことを意思表示するようになっていますが、それを逆にするだけ。
簡単だと思うのですが。

また、コンビニに買い物行くときも、マイバック的なものを持って行くようになるといいですね。
posted by ソニック at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

伊那〜新宿 中央高速バス

昨日、伊那〜新宿の中央高速バスを利用しました。
伊那バスターミナル4時50分発の始発に乗りましたが、八王子料金所先からの朝の渋滞にハマり、定刻の8時から1時間20分遅れの9時20分にバスタ新宿へ到着しました。
運転手さんの話だと、平日の朝はこれくらいは遅れるとのこと。
ご利用の方はご注意を。

*乗車前に遅延について検索したところ、情報がなかったので記事にしました。
posted by ソニック at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2018年08月09日

長崎原爆忌

今日は長崎原爆の日。
長崎で生まれ育った私は、身近に原爆の痕跡が残る町で育ち、被爆した方々の生の声に触れた子供時代を過ごしました。

アメリカの軍事力の傘の下にあるわが国は、広島と長崎で起きた悲惨な出来事を忘れてしまったのでしょうか。

戦後七十三年。
戦争を知る世代が高齢化により少なくなり、強権政治がまかり通るわが国は、また軍事力強化の道を歩むのでしょうか。
posted by ソニック at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2014年04月29日

伊那市長選から見えたこと

奥様のお友達が、伊那市長選初の女性候補として立候補したので、私も注目した選挙でした。
首長選挙は、よっぽどのことがない限り現職が強いわけですが、今回は無投票になる公算が高かったところに、奥様のお友達が急遽立候補する形となちました。
事前準備が短かったり、知名度の低さから、もちろん当選は果たせませんでしたが、無名の新人にもかかわらず全投票数3万5千票の内、8千票(約22%)もの得票を得て、現職への批判票を取り込めたのではないかと思います。

伊那市は周辺市町村への若い世代(特にこれからの子育て世代(夫婦))の人口流出に歯止めがかからず、人口の減少が続いています。
市としても無策なわけではなく、
・中学生までの福祉医療の拡充 http://www.inacity.jp/view.rbz?nd=703&of=1&ik=1&pnp=21&pnp=603&pnp=703&cd=5207

・定住促進プログラムの制定 http://www.city.ina.nagano.jp/view.rbz?nd=1279&of=1&ik=1&pnp=44&pnp=1279&cd=14619

等々の人口定着及び増加策を促進していますが、上伊那郡内の他市町村と比べると、遅れている(不十分)と言わざるを得ない状況だと思います。
特に、伊那市からの流出先として最も多い南箕輪村の「子育て施策」と比較すると、なぜ財政の乏しい村にできる施策が、市にできないのかと思うところがあります。
もちろん、伊那市も財政的に苦しく、合併後の特例も期限が切れて、様々な面での引き締めが必要なのかもしれませんが、人口の流出を防ぎたいのであれば、特に子育て世代への様々な先進的な施策を実施すべきではないかと思います。

今回の市長選挙でもこの辺が争点となった部分もありますが、現職が当選した以上、今まで以上の充実は望みが薄いようで、子育て世代への国や県の方針が大きく変わらない限り、伊那市からの若い世代の人口流出は歯止めがかからないと思います。
posted by ソニック at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2014年04月13日

nanaco

昨日セブンイレブンへ買い物へ行った際、レジで会計するときに
「nanacoお持ちですか?」
と聞かれたので
「持ってます」
と答えたら
「今ポイント2倍ですのでnanacoで払うとお得ですよ」
と言われました。

nanacoって使いづらいんですよ。
いわゆる電子マネーなのでチャージする点はどれも同じ。
でもポイントカードという視点で考えると、チャージしてお会計しないとポイントが付かないとても不便なポイントカードとなってしまいます。

ローソン等で使えるPontaは、純粋なポイントカードなので、現金でも電子マネーでもクレジットカードでもポイントが付く。
でもnanacoは、nanaco支払いでしかポイントが付かない。
この違いがとても不便と感じて、最近のセブンイレブンでの買い物は、現金かクレジットカードか時々Edyかなんです。

従って、ポイント2倍でも魅力を感じないのでありました。
posted by ソニック at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感